• ホーム
  • コラム
  • 「問題解決の負のループ」に陥らない方法│三つの刺激で脱する
コラム

「問題解決の負のループ」に陥らない方法│三つの刺激で脱する

目次

問題解決の悪循環ループ問題。

それは、問題解決に向け議論やディスカッションを進めているのに、同じ話が何度も出現して、ループ状態になること。

そして、このループ状態は気付かぬうちに陥ることも少なくありません。
今回は、負のループ状態に陥らない方法についておはなしします。

三つの刺激を与えると、負のループに陥らない?

考えることも大切。それ以上に行動が大切。
問題解決に必ず伴うこと。それは改善です。

問題は、今までと同じことをやっていると必ず再発します。
だからこそ、今までと違った”やり方”へと改善を施した”新しいやり方”が必要なのです。

ところが、この新しいやり方を手に入れるチームもあれば、そうではないチームに分かれてしまうようです。
その違いとは、何なのでしょうか?

それは、ズバリ『行動』です。

問題を抱えるチームが取りがちなスタイル

比較的多くの問題を抱えるチームは、会議形式による問題解決スタイルを取りがちです。
もちろん、会議形式による問題解決は、問題定義を共有することなど、必要なスタイルです。

ただし、このスタイルを貫き通すチームは、問題解決能力が時間と共に低下します。
特長として、同じことを繰り返し話し始め、議論がループになっているパターンが生じやすくなるようです。

これでは、いつまでたっても解決策や改善案に届きません。
逆に、問題解決のうまいチームは、『行動』を起こします。

負のループに陥らないようにするためには、三現主義に徹することが大切。
三現主義とは、「問題を”現場へ行き” ”現物を見て” ”現象を詳細に捉える”」ことをいいますが、これらは、すぐにできる簡単な行動です。

私たちの脳は「見て・聴いて・感じる」という刺激を受けることで、その動きが活性化します。
よって、会議室で議論をしているだけの問題解決では、この三つの刺激を得ることが難しくなるのです。

だからこそ、三現主義に徹し、三つの刺激をチームで捉える必要があります。

問題を描くことも『行動』の一つ

描くとは、問題の発生状況を図示すること。問題の構造や観察した状態などを絵にすることです。
描くということは、絵を見ながら話を聴いて状況を感じ取ることができるため、三つの刺激を会議の中に生み出すことができます。

問題解決会議でよくあるシーンは、ホワイトボードに文字だけを羅列するケースです。
この状態は、文字情報だけによる議論になるため、三つの刺激を得るコトができなくなります。

考え込むチームより行動するチームの方がパフォーマンスが高い。
頭で考えたことは、図示したり、文字にしたり、形にすることで思考の質が高まります。

三現主義と、描くことを意識してみませんか?


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)