• ホーム
  • コラム
  • モチベーションを高める「元気な挨拶」│人の行動を決める”フィードバック”
コラム

モチベーションを高める「元気な挨拶」│人の行動を決める”フィードバック”

目次

元気な挨拶 の大切さ

先日、リーダー研修(インハウス)で、挨拶の大切さについて、対話を通じてその意味と必要性について理解を深めました。

挨拶は、モチベーションアップやチームビルディングに影響する行動です。
特に、「 元気な挨拶 」がモチベーションを高めるといわれます。

自分の大きな声を自分の耳で聞き、全身の筋肉に力を入れることで、脳のリミッターが外れ、モチベーションが高まるのです。

また、お互いの存在を認める(相互承認)は、心理的安全性の基本構造を構築し、頼みやすい雰囲気や、弱みを見せ合える雰囲気を作りだし、チームワークが高まります。

しかし、多くのリーダーは「ウチの職場は、 元気な挨拶 ができない。新入社員も、最初は元気だけど、数ヶ月もすると、その職場に染まってしまう。」と話します。

どうして、職場に元気のない挨拶が蔓延してしまうのでしょう?

今回は、人の行動を決める”フィードバック”から、元気のない挨拶が蔓延する理由を考えてみたいと思います。

大切なのは、あなたの良好なフィードバックです。

モチベーションを高め、お互いの存在を認めることで、チームとしての強みを発揮する”元気”なあいさつ。
だれもが、簡単にできることなのに、普通のあいさつに戻ってしまう理由。

それは、あなたのフィードバックに原因があります。
人の行動は、よいフィードバックが増えれば増えるほど、その行動が増えてきます。

例えば、 元気な挨拶 をしたとき、あいさつをした本人に、良い反応をあなたが返してあげると、それが良好なフィードバックとして相手に響き、 元気な挨拶 を継続するようになります。

逆にあなたが、相手に対して元気のないあいさつを返したのなら、その元気の無さが相手に響き、相手も元気に対してキャリブレーション(調整)をかけ始め、だんだんと元気なあいさつをしなくなります。

良いフィードバックで行動を強化する

私たちの行動は、起こした行動に対して、良いフィードバックが返されると、その行動を自ら強化しはじめます。
逆に、起こした行動に対して、良くないフィードバックが返されると、その行動の弱化が始まります。
そして、悪いフィードバックが職場の雰囲気(文化・風土など)に定着していると、ますます、元気のないあいさつが蔓延してしまうのです。

良好なフィードバック
悪いフィードバック
フィードバックで、人の行動は決まる
職場の雰囲気が、人の行動を決める

大切なのは、あなたの良好なフィードバック。
元気な挨拶 に対して、元気になるフィードバックを与えてみませんか?


コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)