• ホーム
  • コラム
  • 『 脳内言語 』をポジティブに!│自分の考えを言語で意識する
コラム

『 脳内言語 』をポジティブに!│自分の考えを言語で意識する

目次

説明を受けて、その内容を理解しているのに、なぜだかシックリこない感覚に包まれ、モチベーションが高まらない時ってありませんか?

それは、あなたの脳内で交わされる「言葉の使い方」によって起こる現象なのです。

今回は、あなたの行動を抑制するワケについてお話しします。
あなたがそこに留まる理由がわかりますよ。

行動のブレーキに気付けば、ポジティブになれる。

先日、新幹線の架線トラブルに巻き込まれ、搭乗予定の列車が大幅に遅れたときのこと。どうしても、その日のうちに目的地へ到着する必要があった私は、移動ルートの代替案を模索していました。

「予定の新幹線が、このまま運休になったら、高速バスで移動するか?」
「いやいや、もう少し様子をみて、このままこの駅に待機した方がいいか?」
「でも、このまま待っていて、運休になってしまったら、今日中に目的地へ付けないぞ!」
ブツブツと頭の中で会話をしていました。

私たちの脳は、考えたり思ったりするとき、言語を使って自分の考えを意識します。
この「ブツブツ」と頭の中で飛び交う言語を『 脳内言語 』といいます。

あなたも、仕事中など、この『 脳内言語 』を使って、自らの考えを意識して思考を進めているはずです。
そして、この 脳内言語 は、あなたの行動に大きく影響を及ぼすことがわかっています。

ポジティブ言語とネガティブ言語

「作業台や机の上を整理・清掃しましょう!」と大号令がかかり、あなたの脳にその言葉が届いたとします。すると、脳はインプットされた”言葉”に対して、 脳内言語 を使って思考を張り巡らせるのです。


例えば
 ・整理・整頓して、スッキリした気分で仕事をしよう!
 ・先日のセミナーで、整理ができていない机は、作業ミスが増えると言っていた
  から、ちょっと片付けてみるか。
など、あなたは『 脳内言語 』を使って考え、行動します。

また『 脳内言語 』には、ポジティブ言語とネガティブ言語があることもわかっています。
先の例のようなポジティブな『 脳内言語 』が脳内で起こると、あなたは、整理・清掃という行動をはじめます。

ところが逆に、ネガティブな言語が脳内に起こると、あなたは行動を止めてしまうでしょう。

例えば
 ・面倒臭いな。
 ・今でも、作業に支障はないしな。
 ・整理・清掃をやって評価が上がるわけないしな。
このような『 脳内言語 』が沸き起こると、あなたの行動は強く抑制されてしまうのです。

『 脳内言語 』には、”クセ”がある

そして、このネガティブな『脳内言語』には、あなた特有の”クセ”の様なモノがあります。
もしも、あなた自身「行動を変えたい!」と感じているのなら、まずは自分自身の『脳内言語のクセ』を知ることが大切です。

『脳内言語』のクセを知るためには、次のようなプロセスで把握することができます。
それは、「でもな~」です。

ん?「でもな~」ってどういうこと??
と、すでに『 脳内言語 』が沸き起こっている方もおられるのではないでしょうか。

例えば

「予算達成のため、目標予算の30%増しを狙って活動しよう。」と号令がかかったとき、このような思考が沸き起こるケースはありませんか?

 ・でもな~ライバル会社の攻勢が厳しいしな~
 ・でもな~残業時間の規制が厳しいからな~
 ・でもな~昨年だって、予算達成できなかったしな~

このように、『でもな~○○××▽▽だしな~』という『 脳内言語 』は、ネガティブなカテゴリーに入ります。

このネガティブな『 脳内言語 』が、あなたの脳内で巡りはじめると、あなたのモチベーションは「ダダ下がり」状態になるのです。
もしも、あなたの脳内に「でもな~」が流れたときは、それに気付くコトが大切です。

では、「でもな~」が流れてしまったとき、どのようにすればよいのでしょうか?
それは、自らの意志で『 脳内言語 』変換してみることです。
私が、リーダー研修で進めている『脳内言語』は

 【やってみてから考えよう!】です。

ポジティブ『 脳内言語 』を探しましょう

私たちの思考は、行動に大きく左右されることが解っています。

ですから、ネガティブな『脳内言語』が巡ったときこそ、行動を促す『脳内言語』を自らの意志で強く意識することが大切です。

 ・ともかく動いてみよう。
 ・まずは、動いてみよう。
 ・とりあえず、やってみよう。

あなたの行動は、『脳内言語』に強く影響を受けます。
だからこそ、ネガティブ言語のクセを知り、ポジティブ言語へ変換することが大切なのです。

人は、脳内でブツブツ会話をしている。
脳内言語が行動を決める。
あなたの、脳内言語に気付く。

行動のブレーキに気付けば、ポジティブになれる。
あなたがそこに留まる理由は、これが原因です。

あなたに合った、ポジティブ『脳内言語』を探してみませんか?


問題解決・課題解決|知識経営研究所

『問題解決」ができる組織とは、どのような組織なのでしょうか。それは、改善が思うように進む組織(改善する組織)のことです。『問題解決』できる組織の育成には、ムダを見つける教育が欠かせません。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)