• ホーム
  • コラム
  • ルールの周知徹底に必要なこと│マネジメントに活かせる「認知パターン」
コラム

ルールの周知徹底に必要なこと│マネジメントに活かせる「認知パターン」

目次

ルールの周知徹底 ができない・・・・

「安全衛生や品質保全などのルールを制定したが、なかなか全員がそれを守ってくれない・・・・・。」
こんなご相談が後を絶ちません。

その相談のほとんどは
「ルールを制定し、教育訓練を展開しながらルールを周知している。
教育訓練記録まで書いてもらい、自覚を促しているのにルールが守られない」

といったケースです。
やることはやっているのに、 ルールの周知徹底 ができない・・・・

今回は、 ルールの周知徹底 についてのおはなしです。
ルール遵守に対する説得力と説明力が高まります。

ルールの周知徹底 に対する4つの認知パターンを知ろう!

例えば、目の前に問題や課題が立ちはだかったとしましょう。あなたは、その問題解決に向けて考え、行動を起こすでしょう。
しかし、こんな経験はありませんか?

「以前発生した問題なのに、また同じことが起きてしまった・・・・・
ルールも変更して、その問題が再発しないよう改善をしたはずなのに」

問題の再発は、タイムロスを生み業務効率の低下を招きます。
また、ワークモチベーションにも悪影響を及ぼします。

そして、この悪循環が起きてしまうと、さらなる効率低下を招いてしまいます。
例えば「ルールを守らない」といった問題が、あなたの職場で起きたとします。

その ルールの周知徹底 と励行を部下や後輩に指示したとしましょう。
ところが、なかなかルールの徹底が浸透しないことってありませんか?
この原因として、人にはルールに対する価値観があり、この価値観の違いが
ルールの浸透を阻害し、浸透していかないことが考えられます。

人のルールに対する価値観(捉え方)のパターン

人のルールに対する価値観(捉え方)には、いくつかのパターンがあることが、
言語心理や認知心理から解っています。

そのパターンとは

・私が守るべきルールは、あなたも守るべきである(個人型)
・私が守るべきルールは、守るが、あなたが決めたルールは、私には関係ない(無関心型)
・私が守るべきルールは、あなたが決めたルールだ(迎合型)
・私が守るべきルールは、守るが、あなたにはあなたのルールがある(寛容型)

一般的に組織内では、個人型と迎合型が多く存在し、ルールによる業務統制が展開されます。
これは、ルールを決める人と、決められたルールを守る人から構成されているコトが前提です。

ところが、ルールに関する人の認知パターンには無関心型と寛容型も存在しています。
この2つのパターンでは、決められたルールを守るというより、
自分で決めたルール以外は守る気が無いというパターンです。

すると、先ほどの前提条件が崩れてしまい、ルールの周知徹底はできなくなるのです。

無関心型と寛容型は、自分で決めたルールは守るという特長があるため、
ルール作りに少しでも参加させることでルールを守るようになります。

人は自分の価値観で、ルールの受け入れを決めている

人には、ルールに対する価値観(認知パターン)があり、その価値観でルールを受け入れるか受け入れないかを決めています。

ルール遵守の指示をしても、人によって理解が違ってしまう。人にはルールの理解パターンがある。
ルールの理解パターンは4種類。

ルールの周知徹底 の前に、人のルールに対する認知パターンを学び、マネジメントに取り入れてみませんか?
私たちは、管理職や次世代リーダー向けに、人の認知パターンに関する研修(インハウス)で開催しています。

今回の ルールの周知徹底 に関することや、目的目標管理、問題解決などにも「認知パターン」はマネジメントに活かすことができますので、ぜひお問い合わせください。


問題解決・課題解決|知識経営研究所

『問題解決」ができる組織とは、どのような組織なのでしょうか。それは、改善が思うように進む組織(改善する組織)のことです。『問題解決』できる組織の育成には、ムダを見つける教育が欠かせません。

kmri.co.jp

og_img

毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)