• ホーム
  • コラム
  • 【コラム】事務間接部門で新5S思考術を活用した、ムリ・ムダ・ムラの取り除き
コラム

【コラム】事務間接部門で新5S思考術を活用した、ムリ・ムダ・ムラの取り除き

目次

私が製造現場で5S活動をしている時、現場では比較的活動テーマが数多くあり、やりがいのあるものでした。

ところが、 事務間接部門 での5S活動では、モノの片付けもスグに終わってしまい、達成感が得られないと相談を受けたことがあります。

今回は、 事務間接部門 での新5S思考術を活用した5S活動(以下、新5S活動)についてお話しします。


現場と 事務間接部門 でムリ・ムダ・ムラの取り除き

オフィスの新5S活動は、作業現場と活動内容が違います。

新5S活動は、仕事のムリ・ムダ・ムラを無くすとともに、改善モチベーションの向上を目指した活動です。
そして、全社・全部署で展開することも大切です。

具体的には、作業現場だろうが事務所業務だろうが、組織/部署の隔たりを無くして展開する必要があります。

これは、ある部署で新5S活動を展開してムリ・ムダ・ムラが取り除けたとしても、別の部署でムリ・ムダ・ムラが残っていると、組織全体で良好なパフォーマンスを得ることができないからです。

ところが、 事務間接部門 の新5S活動が中途半端になりがちなことが少なくありません。

作業現場と 事務間接部門 では、仕事の特性が異なるため、同じやり方では成果を得ることが難しく、特に、事務間接部門の新5S活動を作業現場と同じように進めてしまうと、得られる成果も得られなくなってしまうのです。


事務間接部門 での新5S活動の進め方

では、 事務間接部門 ではどのように新5S活動を進めればよいのでしょうか?

事務間接部門 では、作業現場に比べてモノが少ないことが一般的です。ですから、掃除をしたり片付けたりするにも、比較的短期間で終わってしまいます。

そして、それが終わってしまうと「新5S活動も一段落した。」とムリ・ムダ・ムラを取り除くレベルに達する前に活動を止めてしまうケースが後を絶ちません。

事務間接部門では、ある程度のモノが片付いた段階で、次の活動内容に切り替える必要があります。

  1. 仕事の流れを書き出す
  2. 仕事のやりにくいトコロを洗い出す
  3. 仕事のやりにくいトコロを改善する

これは、仕事の流れに含まれる「不用なモノゴト」を探し出し、取り除くといった活動になります。
事務間接部門では、スムーズな「モノと情報の流れ」が業務効率向上の要になります。

そして、モノを「見やすく」したり「取りやすく」「片付けやすく」することは、比較的簡単に終わってしまいます。

ところが「情報の流れ」については、じっくり時間をかけて改善に取り組むことが必要です。


改善活動の深堀りで、さらに効果を高める

新5S活動では、情報の流れのムリ・ムダ・ムラまで活動範囲として捉え、改善活動の深掘りを進めていきます。

このように、作業現場でも事務間接部門でもムリ・ムダ・ムラの取り除きを進めながら、全社でパフォーマンスを得られるようになるのです。

  • モノの流れをスムーズに
  • 情報の流れをスムーズに
  • モノと情報の流れ改善

これが、事務間接部門の新5S活動です。

オフィスの新5S活動は、作業現場と活動内容が違います。
現場と事務間接部門でムリ・ムダ・ムラの取り除き。

事務間接部門では「モノと情報の流れ」に特化した新5S活動を進めてみてください。



改善テクニック|知識経営研究所

課題や問題を解決するためには、その状況に合った改善テクニックを選択して使うことが重要です。弊社では今までの知見から『改善のツボ』を見つけ出し、必要なテクニックやツールをご提供いたします。ISOマネジメント運用をブラッシュアップさせることにも有効です。

kmri.co.jp

og_img


坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-5442-8421(受付時間 平日10:00~18:00)