• ホーム
  • コラム
  • 【コラム】『同期行動』で、チームの協調と信頼を高めよう
コラム

【コラム】『同期行動』で、チームの協調と信頼を高めよう

目次

春といえば「新入社員デビュー」の時期でもあります。一日でも早く、会社や職場の雰囲気に慣れ、チームの一員として若い力を発揮してほしいものですね。

これにはまず、リーダーであるあなたが、新入社員の「協力と協調性」を育てていく必要があります。チームのパフォーマンスを高めるには、協力と協調が欠かせません。
今回は、これらを高め絆を深くするための「ルーティーン」についておはなしします。

ひとり1人の意識を高め、チーム全体のパフォーマンスを高められますよ。


チームの信頼を高める『 同期行動 』

私は数年前、あるトレーナー資格を取得するため、集中トレーニングに参加をしたことがあります。
これは10日に及ぶ集中型のトレーニングだったのですが、毎日セッションが変わる毎に、参加者全員でビートの効いた音楽でダンスを踊るというルーティーンの様なモノが繰り返されました。

「この年でダンスをしたことも無いオジサンが、音楽と仲間の動きに合わせながら踊るだなんて・・・」と思いながらも、周囲の雰囲気に流されながらダンスを「見よう見まね」でやっていたのですが、実は、心理学的にも「同じ動作行動( 同期行動 )」をするルーティーンは「チームの絆を深める」ということが解っていて、私も驚いた経験があります。


心理学の実験で、例えばラジオ体操のような「全員で同じ動作をする」行動をしたチームと、なにもしなかったチームの作業性を比較し作業性を観察すると、明らかに「全員で同じ動作」をしたチームのパフォーマンスが高まることがわかっています。


これは、これまでの記事に何度が登場している【オキシトシン】という脳内ホルモンが分泌に関係があるといわれています。

オキシトシンは、協力や協調性を高め「信頼」や「絆」を感じるホルモンです。


「 同期行動 」+「 笑顔 」で、
さらに協調性と信頼を高める

「 同期行動 」は、このホルモンがチーム内で作用し、作業に対する協力性や協調性を高め、パフォーマンスが上がるというわけです。

また、これらのチームでは「笑い」も増えることが解っています。

一般的に人は、社会的地位が高くなればなるほど、人前で笑うことが少なくなり、チームでもメンバーより、リーダーの笑いが少なくなる傾向があります。

すると氷のように冷え切ったチームへと変わってしまい、パフォーマンスも下がってしまいます。
リーダーだからこそ、笑顔を忘れないようにしたいものです。

私が受けたトレーニングでも「全員で同じ動作を繰り返す」ことや「講師の笑顔を見る」ことで学びのモチベーションを高め、10日間のプログラムを乗り切れたと思っています。


あなたも早速、 同期行動 と笑顔をはじめてみませんか?
メンバーひとり一人の意識を高めて、チーム全体のパフォーマンスを高められますよ。



チームビルディング|知識経営研究所

「心理分析」をベースにチーム力の高め方・リーダーシップを学びながら、個人やチームの特性を分析します。メンバーの強みを伸ばし、その結晶でもあるチーム力を最大限に引き出すことが可能です。

kmri.co.jp

og_img



コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img


坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-5442-8421(受付時間 平日10:00~18:00)