コラム

研修効果を高めるには│心理的安全性の確保

目次

成果の出る組織と出ない組織

社内研修の効果を最大に活かし、経営パフォーマンスに寄与することは、人事戦略をや人財投資をする上でも大切な考え方です。

ところが、時間をかけて投資をしても、成果の出る組織と出ない組織に分かれます。
同じ研修プログラムを展開したのに、成果が大きく違ってしまうのです。

この2つの組織の違いは、いったい何なのでしょう?

今回は、研修効果を出す組織についておはなしします。
研修効果を最大限にするノウハウがここにあります。

学習力を育てなければ、研修の意味がない。
そもそも学習力とは、次の意識や意欲の集合体をさします。

  • 知識を得ようとする力
  • 技能を得ようとする力
  • 課題に解決に挑もうとする力
  • 継続する力
  • 柔軟に対応する力

これらが有機的につながることで、学習力が形成されます。
この力が高いと自らを評価し、学習効果を実感する力も養えます。

またコミュニケーション力にも長け、高い説明力と説得力も保持しています。そしてこの能力は、「個人」としてではなく、「組織」として維持向上させなければなりません。

研修効果を高める方法

お客様から、「問題解決訓練を展開して欲しい」といったご依頼をよく頂きます。
そして、この訓練を開催し、その後について追跡調査をしてみると、次の2つのパターンに分かれます。

①問題や課題へのアプローチ方法に変化が起き、新たな視線や気付きを得ている。
②問題や課題へのアプローチ方法に変化がなく、過去の経験と知識で問題解決している。

問題解決訓練では、新しい視点で問題を捉えることと、新たな気付きを得る能力を伸ばすよう、進めていきます。

①のパターンでは、その教育訓練効果が出ています。
しかし、②のパターンでは、今までと同じ視点や意識を持って問題に挑んでおり、教育効果を得られていません。

長年、研修講師を続けていると、なんとか①のパターンに繋げたいと思うのですが、正直言って②のパターンもあります。

経験値からなのですが、①と②のパターンは、1:1の割合です。
では、どのようにすれば、研修効果を高めることができるのでしょうか?

私が研修講師を担当させて頂くとき、お客様とお打合せをさせて頂きながら、次の項目を研修前に開催させて頂きます。

それは、研修生同士の

  • 良好なコミュニケーションの取り方
  • 協力のしかた
  • 強調のしかた
  • 心理的安全性の確保

について、1日かけて高めます。具体的には、マインドマップ法というノートの取り方を学んで頂き、情報整理術を身に付けて頂きます。

脳を活性化する

マインドマップは、情報を体系的に整理し、視覚・読解覚・情動覚を刺激することで、脳を活性化するノート術です。

このノートをベースに、研修生同士の情報交換をさせると、整理された情報を基に対話が進み、お互い”解りやすい内容”という感覚を抱くようです。

学習において「解りやすさ」は、とても重要で、解りにくい状態が続いてしまうと、学習に対するモチベーションが下がるばかりです。

マインドマップを使った情報交換を進めることで、「解りやすい」情報が飛び交い、研修生同士の学びに対するモチベーションが高まります。

そして、学習力を高めた研修生達が、研修のより良いパフォーマンスに繋げてくれます。
学習力を育てなければ、研修の意味がない。研修効果を最大限にするノウハウ。

研修開催その前に、学習力を高めるためのコンテンツも計画してみませんか?


問題解決・課題解決|知識経営研究所

『問題解決」ができる組織とは、どのような組織なのでしょうか。それは、改善が思うように進む組織(改善する組織)のことです。『問題解決』できる組織の育成には、ムダを見つける教育が欠かせません。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)