• ホーム
  • コラム
  • 部下の成長を促す方法│仕事への満足度が生産性を左右する
コラム

部下の成長を促す方法│仕事への満足度が生産性を左右する

目次

今回は、業務への満足度についてのお話です

先日、書籍を読んでいたら『仕事に満足していない人は7割もいる』と書いてあり、私には「えっ、本当に?」と驚きを隠せませんでした。

人の心は、浮き沈みはあれど、仕事への満足度はプラス領域にあると思っていたので、マイナス領域が多いとは、本当に意外でした。
仕事への満足度は、メンタルヘルス、モチベーション、協力、協調などに大きく影響し、職場の生産性を左右します。

リーダーであるあなたは、部下や後輩の満足度を高めるよう、成長を促す必要があるのです。

心の不均衡が生じたとき、成長するチャンスが訪れる。
チャンスを活かすも逃すも、本人の心構えで決まります。

仕事への満足が最も高くなる心の状態があります。
それは、求められる仕事のレベルと自分の能力レベルが均衡している時です。

成長を促したい時は、その心の状態を変える必要があります

例えば、あなたが表計算ソフトを使った回帰分析を頼まれたとき。
もし、そつなく、その仕事をやり終える能力を持っていると、あなたの業務満足度は最高に高まります。

逆に、その仕事を実行できるだけの知識も技量も無ければ、仕事への満足度は下がってしまいます。
このように、私たちの心は、バランスを感じた時に「満足度」が高まり、アンバランスな状態が続くと「満足度」が下がるのです。

リーダーであるあなたは、部下の知識や技量を考慮して、業務を配分する必要があるのです。

しかし、このままでは 部下の成長 を促すことができません。
なぜならば、既知の知識と技量のみが仕事に適用されてしまうからです。

もしも、成長を後輩や 部下の成長 を促したいのなら、その心の状態をアドオン型に変えてあげる必要があります。

もしも、求められる仕事のレベルに対し、自分のレベルが不足していると、心の中に不均衡が生じます。
この不均衡を感じた時、その不足する領域を補おうとする気持ち(意識)が芽生えます。

すると、レベルが達していない領域への好奇心が芽生え、チャレンジ精神が湧き上がってきます。
このように、心のバランスをとりながら、私たちは成長のチャンスをつかむのです。
この心の状態をアドオン型といいます。

ただ、アドオン型のスイッチが入る人ばかとも限りません。
中には、成長のチャンスをつかまない人も存在します。
そのような人は、心の中に不均衡が生じたとき、ネガティブな感情でバランスをとろうとします。

例えば、心の不均衡を無くすために、次の様な行動でバランスをとろうとします。

・愚痴を言う
・仕事自体を見下す
・周囲の邪魔をする
・仕事を出した人の悪口を言う

この状態では、好奇心もチャレンジ精神も沸き起こりません。
このタイプは、アドオン型に対してデリート型と呼んでいます。

部下の成長を、コミュニケーションで促す

できれば、あなた自身も部下や後輩も、バランス型又はアドオン型のマインドセットにしておきたいものです。

これを実現するために、職場内では、1on1ミーティングなどを使って、バランス型・アドオン型・デリート型について対話をしてみると良いでしょう。

大切なことは、「あっ、いまデリート型マインドになってるかも?」と本人に気付かせることです。

また、職場内のコミュニケーションにも同じことがいえます。
コミュニケーションに対する知識や技量が足りていないと、アドオン型がデリート型のどちらかに心が偏ります。

できれば、職場内のコミュニケーションについても、教育訓練計画に取り入れ、アドオン型への成長を促すと良いでしょう。

チャンスを活かすも逃すも、本人の心構えで決まります。

心の不均衡が生じたとき、部下の成長 するチャンスが訪れる。
能力均衡型とアドオン型が生まれるような、対話をしてみませんか?


コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)