• ホーム
  • コラム
  • 【コラム】メンタルモデルの違いに気付くことが、問題解決の第一歩
コラム

【コラム】メンタルモデルの違いに気付くことが、問題解決の第一歩

目次

先日、管理職様向けの問題解決訓練をインハウスで開講しました。
web方式で2日間みっちりと頭を使うセミナーで、ご参加いただいた方々もさぞかしお疲れのことでしょう。

このセミナーでは、問題分析テクニックよりも「問題構造を見える化する」ことにポイントを置いて展開しました。実は、問題分析も大切なのですが、その問題の構造を捉え「問題定義」を統一することが大切だったりするのです。

今回は、問題解決を停滞させる「 メンタルモデルの違い 」についてお話しします。

問題の根本的原因追及を進める時には、ご注意ください。人によって問題の捉え方が違っていることに気が付きますよ。


まずは問題のパターンを見つけ出す

私たちは、問題が発生するとその「問題現象や事象」を捉えます。事象や現象は、目に見えるコトや測定器などで測って認知ができる状態です。

この「認知できる」状態を問題として捉えます。

また、この問題をよく観察するとパターンが必ず現れます。

例えば

  • 月末になると現象や事象が現れる
  • ○時頃になると現象や事象が現れる
  • 設備の点検後に現象や事象が現れる など

このパターンを見つけられないと、問題解決はここで停滞してしまいます。
現象や事象をよく観察し、パターンを見つけ出すことが大切です。

そして、パターンが見つかると、それを発生させる原理原則が見えるようになります。
この原理原則が起きないようにすれば、その問題は二度と発生しなくなります。


次のステップは問題定義

ここまでは、観察や分析で原因の追及を進めることができます。
しかし、これら観察や分析の前に必ず「特定」しておかなければならないコトがあります。

それは、問題の定義です。

私たちは、問題現象や事象を捉えると、その人の経験や知識そして価値観によって、問題の捉え方が異なることが解っています。
あなたの職場でも、なかなか問題解決が進まない時、その問題の捉え方がメンバーによって違っている可能性があります。

例えば、コップに半分の水が入っている場合

Aさんは「水が半分も入っている。」
Bさんは「水が半分しか入っていない。」

など、その現象や事象を違って捉えることがよくあります。

実は、この問題の捉え方が異なることで、問題解決がスムーズに進まないケースが多くあるのです。


人それぞれ、 メンタルモデルの違い がある

この問題の捉え方のことを「 メンタルモデル 」といいます。

メンタルモデルの違い は人それぞれ、10人いたら10人違っていることも珍しくありません。

まるで”ボタンの掛け違え”の様な現象をチームの中に発生させ、問題解決がスムーズに進まなくなってしまうのです。

だからこそ、問題の構造をしっかりと捉え、見える化することが大切なのです。
これこそが「問題の定義」に当たります。

  • 問題の捉え方は人それぞれ違う
  • 問題の構造を見える化する
  • メンタルモデルの違い に気づく

メンタルモデルの違い によって問題の捉え方が違ってしまう。
まずは、個々の問題の捉え方を話し合い、問題の定義を統一することが大切です。



コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img

問題解決・課題解決|知識経営研究所

『問題解決」ができる組織とは、どのような組織なのでしょうか。それは、改善が思うように進む組織(改善する組織)のことです。『問題解決』できる組織の育成には、ムダを見つける教育が欠かせません。

kmri.co.jp

og_img


坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-5442-8421(受付時間 平日10:00~18:00)