• ホーム
  • コラム
  • 対話するときの” 姿勢 ”│相手をプロとして接する
コラム

対話するときの” 姿勢 ”│相手をプロとして接する

目次

今回は、対話をするときの” 姿勢 ”についておはなしします。

話をする 姿勢 、話を聴く 姿勢 。
姿勢 とは、心構えや態度を指しますが、これらが相手に受け入れられる状態を保たなければ、対話は成り立ちません。
もしも、相手のご機嫌を損ねる様な姿勢で対話に挑んだら、伝わることも伝わらないでしょう。

心理的安全性を高めるためにも大切なことです。
どんなときでも、意識したいことです。

そもそも 姿勢 とは、身体の”型”を指します。
そして、その 姿勢 は、様々な要因で決定づけられます。

・骨格
・筋肉の付き方
・筋肉の柔軟性
・その時の意識
・その他

背筋を伸ばす姿勢、腰を曲げる姿勢などは、様々な要因の影響を受けながら、人それぞれ異なります。

姿勢 は心構えの現れ

また、”姿勢”には「心構えや態度」といった意味もあります。例えば、学習に対する「心構えや態度」や、仕事に対する「心構えや態度」があります。

「心構え」は、ものごとの起きる前からの心の準備を指し、「態度」は周囲から見られたり感じられたりする素振りを指します。もしも、「心構え」と「態度」が、周囲から受け入れられると、チームの一員として認めてもらうことができるでしょう。

逆に、これらが受け入れられない状況では、チームの一員として承認されることなく、孤立しやすくなります。
身体的姿勢は、骨格や肉付きなどの要因で決まりますが、「心構えや態度」についても、様々な要因によって決まってきます。

そして、その要因のひとつに「敬意」があります。
特に、対話の姿勢においての「敬意」は、大きな影響力を持ちます。

例えば、部下や後輩の前で仕事の手順を説明するシーンの場合、リーダーが部下や後輩を”見下して”説明をしたらどうなるでしょうか?

「見下す」とは、その人の存在や価値を認めていない状態を指します。
人には、承認欲求があり、これが満たされることで心がひらき、良好な対話が成立します。

逆に、これら欲求が満たされない場合は、心をとざし、対話にも悪影響が起こってしまいます。
もしも、部下や後輩に敬意を抱けないリーダーなら、そのリーダーに対する敬意も抱かれることはないでしょう。

敬意を抱く方法は?

では、敬意をどのように抱けばいいのでしょうか?
それは、相手をプロとして接することです。

どんなに未熟な部下や後輩でも、プロフェッショナルなのです。
例えば、業務手順が覚えられず、悩んでいる部下や後輩がいたとします。

たしかに、業務という側面では、プロとはいえません。
しかし、悩んでいることに対しては、プロなのです。
そう、悩みのプロフェッショナルなのです。
悩みのプロには、その悩んでいる姿勢に対して、リーダーも真摯に接するべきなのです。

相手に敬意をはらう。
相手はプロであるという 姿勢 で接する。
どんなときでも、意識したいことです。

心理的安全性を高めるためにも大切なことです。
相手に敬意を抱く 姿勢 を見直してみませんか?


問題解決・課題解決|知識経営研究所

『問題解決」ができる組織とは、どのような組織なのでしょうか。それは、改善が思うように進む組織(改善する組織)のことです。『問題解決』できる組織の育成には、ムダを見つける教育が欠かせません。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)