• ホーム
  • コラム
  • 問題解決のパフォーマンスを高める│問題発生要因の”見落とし”のワケ
コラム

問題解決のパフォーマンスを高める│問題発生要因の”見落とし”のワケ

目次

問題解決の進め方は「話し方」で決まる

おもちゃの模型を使った問題解決訓練を繰り返し開催していると、面白いことに気付きます。
この研修では、問題の発生を『原理原則』に従って「なぜなぜ分析」等を繰り返しながら、真の原因を追及します。

そして、その気付きとは、「問題解決訓練がスムーズに進むチームと、滞ったり、ただただ悩み続けるチームに分かれる」のです。

同じ内容の問題解決訓練を受け「なぜなぜ分析」という問題解決ツールを使いこなせるレベルのメンバーにもかかわらず、問題解決の結果が”ハッキリ”と分かれてしまいます。

そして、この違いをよく観察すると、それぞれのチームの会話やその進め方に違いがあることが解ったのです。

問題解決のうまいチームは状態の変化を繰り返します

この研修では、模型の動きや動作/可動原理を徹底的に理解しながら、その中に潜む問題に気付き解決を繰り返します。そして、これらを繰り返すコトで次の力を養います。

 ①洞察力
 ②問題検出力
 ③問題定義力
 ④問題解決力
 ⑤改善行動力

ありがちなのが、インハウスセミナーで④問題解決力訓練を展開するケースが多いようですが、問題解決力を真に高めるのならば①~⑤までの能力を高める必要があるのです。

そして、これらステップを網羅したトレーニングを進めていると、チームの性格のようなモノが現れてくるのです。

その性格とは、次の様な状態です。

 A、個々が問題解決に取り組み、結果だけを話し合う
 B、チーム内で役割り分担を決め、個々に問題解決に取り組む
 C、チーム内で問題解決に取り組む

さて、どのチームが最も効率的かつ効果的な問題解決を得たでしょうか?

チームの状態にバリエーションを持たせる

実は、ABCそれぞれを貫いたチームのパフォーマンスが低くなったのです。
そして、ABCの状態を繰り返し取り入れたチームのパフォーマンスが高くなるのです。

例えば
 1、時間を決めて個人で考える
 2、時間が来たら、役割分担をして問題解決に挑む
 3、時間が来たら、情報交換及び気付きを共有する

といったように、チームの状態にバリエーションを持たせた方が、高いパフォーマンスを得られます。

最近では、それぞれのチームの特徴を観察することで、問題解決に成功するチームと失敗するチームを当てられるほどになりました。

どうやら、問題解決をチームで行う場合、ひとつのチームの状態を保ち続けると、問題そのものを捉える”視点”に偏りが生じ、問題発生要因の”見落とし”が多くなります。

逆に、バリエーションを持ったチームの状態を繰り返すと、問題を捉える”視点”が多角化し、問題発生要因の”見落とし”が少なくなります。

そして、この”見落とし”の少なさが、パフォーマンスに影響している様です。

問題を一人で解決する。
問題を役割分担して解決する。
問題を役割分担せずに解決する。

問題解決のうまいチームは状態の変化を繰り返します。
問題解決の パフォーマンスを高める 方法。

それは、チームの会話状態にバリエーションを与えることです。

毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)