• ホーム
  • コラム
  • 【コラム】トレーナーの必須条件!相手を惹きつける「話し方」
コラム

【コラム】トレーナーの必須条件!相手を惹きつける「話し方」

目次

研修やwebセミナーを受けていて「”惹きつけられる”様な感じで、時間も短く感じた」という経験はありませんか?

私たちの心は、ひとつのことを考え続ける事が苦手で、何かひとつのことを考えていても、ふと他の事を考えてしまいます。
それなのに、その講師の話に集中して耳を傾け、その話に関連する考えや思いが次々と湧き上がってくる状態になると、集中力が継続し、メモを取る行動も増えてきます。

この状態下では、脳内学習がスムーズに進み、高い学習効果を得ることができます。
そう、”惹きつけられる”とは、「見て・聞いて・感じる」状態が続くことで感じることのできる感覚なのです。

もしも、あなたが研修講師や講演を頼まれたのなら、聴講する人の「見て・聞いて・感じる」状態を継続させる様なパフォーマンスを発揮しなければなりません。
今回は、相手を惹きつける「話し方」についておはなしします。
社内 トレーナー を頼まれたときにも役立つ情報ですよ。


見せる!聴かせる!体感させる!この三つが集中力を継続させます。

マウスやサルを使った行動実験では、餌にありつくまでのプロセスにおいて、単純に餌にたどり着くよりも、簡単なゲーム要素や遊び要素をクリアしながら、餌に到達することを好むことが解っています。

本来なら、ストレートに餌に到達すれば最も少ないエネルギー消費で済むのに、わざわざエネルギー消費量が増える行動を好むのです。

これはヒトでも同じで
・楽しみながらゴールへ到達することを好む
・単純さよりも「楽しさ」を求める
といった基本行動があるようですあります。

もし、あなたが社内 トレーナー を頼まれたとき、この行動特性をぜひ使って欲しいと思います。

聴講するヒトは、研修というと
・学校の授業のようなもの
・自分に理解できるかどうか不安
・メイン業務が優先で、研修自体をムダと捉えている
などなど、ネガティブな感情を抱くことがほとんどです。

そう、研修前から「楽しむ」といった感情がほとんどないのです。
これでは、集中力も継続するはずありません。

研修では、 トレーナー であるあなたが、このネガティブな感情を取り除くコトが大切です。だからこそ、聴講するヒトに、「思いっきり楽しんでもらう。」工夫をしなければならないのです。


相手をワクワク楽しませる方法とは?

では、どのようにして聴講するヒトを楽しませれば良いのでしょうか?

私たちは
・楽しみながらゴールへ到達することを好む
・単純さよりも「楽しさ」を求める
特性を持っています。

これを具現化する様な講話内容にすればよいのです。

例えば
・ゲームやクイズ型式で一緒に考えてもらう(参加型研修)
・聴講するヒトの経験と知識に紐付ける(記憶想起型研修)
・15分に1回くらい、軽い笑いを誘うジョークを言う(お笑い型研修)

そして、最も大切なことは
講話するあなた自身が楽しんでいることです。
あなた自身のモチベーションが低ければ、研修会場にそれが必ず伝搬します。
あなたのモチベーションを高めて、研修会場に伝搬する工夫が必要です。

普段の話し方でなく、元気いっぱいのあなたを表現することが大切です。

人の行動は
・単純よりも楽しさを感じることでモチベーションがあがる
・楽しさを感じることで集中力がたかまり飽きない
・心理的安全性を確保することでさらにモチベーションがあがる
見せる!聴かせる!体感させる!この三つが集中力を継続させます。

相手をワクワクと楽しませる工夫を心がけましょう。

そして、当社では、 トレーナー 向けに行う「 トレーナー ズトレーニング研修」をインハウスで行っています。

社内で研修をするのなら、他社に差を付けた研修を開催し、優位性を確保してみませんか?
この優位性が、人財育成のキーになります。

お問い合わせをお待ちしております。


「人材育成研修」については、詳しくはこちらのページもご覧ください
(分室:改善ファシリテーション研究所のサイトへジャンプします)



階層別育成研修|知識経営研究所

企業内研修では、新入社員・現場リーダー・管理職・経営層向けなど、それぞれのスキルや知識に合わせた育成が必要です。ご要望に合わせた適切なプログラムをご用意し、効率的かつ効果的なトレーニングを実施します。

kmri.co.jp

og_img

会議ファシリテーション|知識経営研究所

会議をもっと上手に進行出来たら、、と思うことはありませんか?ファシリテーションスキルは、リーダーに数多く求められる資質の中の一つです。コミュニケーション心理学を活用しながら、スキルの向上を目指します。

kmri.co.jp

og_img




坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-5442-8421(受付時間 平日10:00~18:00)