• ホーム
  • コラム
  • 共感、親和性を高める方法│1on1で活用するミラーリング
コラム

共感、親和性を高める方法│1on1で活用するミラーリング

目次

1on1ミーティングの質を高める

コミュニケーションは、人間関係を構築し、円滑に進めるための重要な要素です。
その中で、相手との共感や親和性を高める手法として注目されているのが、「ミラーリング」です。
ミラーリングは、相手の行動や感情を自分も同じようにすることで、相手との関係を深める効果があるとされています。

今回は、心理学と脳科学の視点から、ミラーリングのメカニズムと1on1ミーティングへの活用についてお話を進めます。

1on1ミーティングの質を高めるミラーリング。
ミラーリングは、相手とのコミュニケーションを深め、信頼関係を築く秘訣です。
相手の視点や気持ちを理解したり、意思決定や問題解決にも大いに役立ちますよ。

1on1ミーティングでのミラーリングは、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるための有効な方法なので、積極的に活用しましょう。

ミラーリングとは、相手の動きや口調などを「真似てみる」ことです。
まるで、鏡に映ったかのようにあなた自身が行う行動です。

相手の感情を理解し、共有する

心理学的には、ミラーリングは共感や親和性を高める効果があるとされています。
相手が笑っていると、自分も自然と笑顔になることがありませんか?

これは相手の感情を理解し、共有するプロセスから生まれる結果です。
このミラーリングにより、相手が自分を理解してくれていると感じやすくなり、信頼関係が築きやすくなるのです。

また、脳科学的には、ミラーニューロンと呼ばれる神経細胞が関与しています。
これらの神経細胞は、他人の行動や感情を見るだけで、自分が同じ行動や感情を経験しているかのように反応します。

ミラーリングは、相手の視点や気持ちを理解しやすくし、より効果的なコミュニケーションを可能にします。
1on1ミーティングでのミラーリングは、相手との関係を深め、コミュニケーションを円滑にする助けになります。
例えば、相手の姿勢や表情、話し方をミラーリングすることで、相手との共感や親和性が高まります。
これにより、相手が自分を理解してくれていると感じやすくなり、より良い信頼関係が築けるようになります。

また、ミラーリングは、自分の脳内で相手の行動や感情を再現するような状態が生じ、相手の視点や気持ちを理解しやすくなります。

このように、1on1ミーティングでのミラーリングは、相手との信頼関係を構築し、より良いコミュニケーションを実現するための有効な方法なのです。
以上のように、ミラーリングは心理学と脳科学の視点からも注目される重要なコミュニケーション手法です。

相手との関係を深め、より良い信頼関係を築くために、1on1ミーティングで活用すると良いでしょう。

相手の感情に対して、適切な反応を示す

そのためには、まず相手の態度や表情、話し方などを注意深く観察し、その特徴を自分の中で再現することが大切です。
例えば、相手がリラックスした姿勢で話しているなら、自分も同様にリラックスした姿勢を取ることで、相手との共感を深めることができます。

また、相手が話している内容や感情に対して、適切な反応を示すことも重要です。
相手が喜んでいるときには笑顔で応えたり、悲しんでいるときには共感を示すような表情や言葉を使うことで、相手の感情に寄り添うことができます。

さらに、1on1ミーティングの進行や話題の展開に合わせて、自分の姿勢や話し方を微調整することも効果的です。
相手が緊張している場面では、落ち着いた雰囲気を作るためにゆったりとした姿勢を取ること良いでしょう。
また、活発な議論が行われる場面では、積極的な姿勢で相手とのコミュニケーションを図ると良いでしょう。

1on1ミーティングでのミラーリングは、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるための有効な手段です。
ミラーリングは、相手とのコミュニケーションを深め、信頼関係を築く秘訣です。
相手の視点や気持ちを理解したり、意思決定や問題解決にも大いに役立ちますよ。

ミラーリングを意識しながら1on1ミーティングを進めてみませんか?


コミュニケーション|ナレッジリーン

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img

毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)