• ホーム
  • コラム
  • 親切 の気持ちで築く良好なチームワーク│「ありがとう」で表現する感謝の念
コラム

親切 の気持ちで築く良好なチームワーク│「ありがとう」で表現する感謝の念

目次

親切 の気持ちで、良好なチームワークを築こう!

暑かった日々が徐々に過ぎ去り、過ごしやすい季節になりましたね。

秋も深まり、冷房を入れる日がだんだんと減ってきました。
ほんとうに爽快な気持ちを味わえる、貴重な季節ですね。

とはいえ、急な寒暖差から体調を崩されるかたも少なくないと聞きます。
あなたも、体調管理には気を付けてくださいね。

親切 の気持ちは、どんどん広がる

今回のコラムは、親切の気持ちは、どんどん広がるというおはなしです。
良好なチームワークを築きあげる簡単なこと。
「ありがとう」の気持ちは、私たちの行動に良い変化を起こしチームワークにも影響をおよぼします。

どうぞ、お付き合いください。

親切 にまつわる実験をやってみました

親切なコトをすると、それがきっかけでチームの雰囲気が変わります。
仕事で困っているとき、わざわざ時間を割いて助けてくれた人に対して伝える「ありがとう。」
それに続く「どういたしまして。」

言葉にしなくとも、心の中でその思いを持つことが大切だという、とある心理学の実験がありました。

この実験では、参加者のその後の行動に変化が起きたという結果が得られたのです。

実験では、ある時間内に作業を終えなければならないという条件で、参加者が数々の課題をこなすという内容でした。
その作業は、課題の難易度を高く設定しているため、ほとんどの参加者が作業終盤になると困り果ててしまうようなレベルだったのです。

そして、参加者が困り果てているとき、その作業の大ベテランが突然現れて、参加者の作業を助けるという流れで実験が続きます。

すると、多くの参加者は、困り果てている時に現れた救世主に「感謝」の念を抱いたそうです。
その後、参加者の行動に変化が起きるのです。

チームの雰囲気は簡単に変えられる

続いての実験では、救世主となった人が困り果てた状態に陥るという内容なのですが、作業者は進んで救世主を助け協力をしたというのです。

それも、感謝の念を抱いた場合、普通より30%も多く救世主のために時間を割いたこともわかりました。
そして、驚くような結果も実験からわかりました。
参加者の行動を観察してみると、救世主以外の人にも自分の時間を割いて親切に徹するようになったそうです。

どうやら私たちの脳は、親切にされることで、それが連鎖するかのように親切の輪を広げるというクセを持っているようなのです。

実験の参加者は、助けられることによって

話しやすくなった
親しみやすくなった
協力・協調がしやすくなった
といった気持ちを抱いたそうです。

親切なコトをすると、それがきっかけでチームの雰囲気が変わります。
良好なチームワークを築きあげる簡単なこと。

「ありがとう」の気持ちは、私たちの行動に良い変化を起こし
チームワークにも影響をします。

困っている人のために、少しだけでも時間を割いて手助けしてみませんか?

毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)