• ホーム
  • コラム
  • 【コラム】音声のコミュニケーションには、大切な意味がある
コラム

【コラム】音声のコミュニケーションには、大切な意味がある

目次

私は、古い人間でございます。
メールやチャットでのコミュニケーションは、どうも苦手です。
できるだけ、面と向かって話をしたり、電話で会話をするようにしていますが、「オジサンだ」と若い世代から笑われてしまいます。

まあ、苦手と言うよりある “意味” があって ” 音声 ” によるコミュニケーションを取るようにしているのですが・・・・

今回は、深く理解をするためのコミュニケーションについてお話しします。
ある ”きっかけ” を持つことにより、相手との理解度を高めることができますよ。

脳科学と心理学から解った ” 音声対話” の大切さ。どうぞお付き合いください。


相手を理解するメカニズム

当たり前のことですが、コミュニケーションには、情報の発信者と受信者がいます。
そして、情報を相互に行き交わしながら理解を深めるのですが、この時、脳内ではある現象が起きています。
私たちの脳は、様々な機能を司る部位があり、これらが相互に連動しながら理解・判断・行動などを起こしています。

そして、良好なコミュニケーションがとれ、お互いの理解が深まっている時には、お互い同じ部位が反応を示すことが解っています。

この現象を『同期』といいます。

そして、『同期』のレベルが高ければ高いほど、お互いの理解度が高まることも解っています。
つまり『同期』を高めるためのモチベーションが双方にあれば、自然と良好なコミュニケーションが交わされるわけです。

実験によると、このモチベーションを高める ”きっかけ” が発見されているのですが、これさえ押さえれば良好なコミュニケーションを構築することができるかもしれません。

では、いったいどのようにして、そのモチベーションを高めれば良いのでしょうか。


同期のモチベーションを高める ”きっかけ” とは・・・・・

それは「声で会話を交わすこと。」です。
「えっ?そんなカンタンなこと??」と思われたかたも少なくないでしょう。

でも、実験では「声による会話」で『同期』が促されることが解っているのです。
そしてこの音声も、直接語りかける方式で録音された音声でも『同期』が起きることも発見されています。

もしも、お願いごとや相談をしたい時には、メールやチャットでなく、相手のところに直接出向いて ” 音声 ” によるコミュニケーションを交わしたり、それが無理なら電話やWEB会議システムで交わした方が効果的なコミュニケーションを交わすことができます。

現代の職場では、メールやチャットによるコミュニケーションが大きな割合を占め、音声による ”会話” が少なくなっているような気がします。

できるだけ ” 音声 ” によるコミュニケーションを交わし、『同期』を生み出すことが大切かも知れません。

  • 人の脳は声を聴くと反応しやすい
  • 声を聴くと、情報発信者と受信者の脳が同期しやすい
  • 同期は、理解を深めることができる

脳科学と心理学から解った ” 音声 対話” の大切さ。

できるだけ、 音声 によるコミュニケーションをとるようにしてみてはいかがでしょうか?



コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img


坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-5442-8421(受付時間 平日10:00~18:00)