• ホーム
  • コラム
  • 相手のタイプ別、効率的な説明方法│具体的な4つの例
コラム

相手のタイプ別、効率的な説明方法│具体的な4つの例

目次

 リーダー必見!【相手のタイプ別】効率的な 説明方法

職場で新たなルールが制定された時や、その内容が変更になったとき、それを伝えながら守るよう周囲に促す機会は、リーダーの方なら多いことでしょう。

しかし、周知はしたもののすぐに定着せず、いらいらしたことはありませんか?
もっと効率的で効果的な方法があればいいのに・・・・と思ってしまいますね。

今回は、周知・定着させるときにつかう 効率的な 説明方法 についてのお話です。

相手の『感じ方』や『捉え方』にもタイプ がある

人には、様々なタイプが存在し、ルールに対する『感じ方』や『捉え方』にもそれぞれ異なるタイプがあります。
このタイプがあるために、あなたが説明しても『伝わる人』と『伝わらない人』に分かれるのです。

あなたも相手側の 『感じ方』や『捉え方』 の異なるプログラム毎に、それぞれ合わせた伝え方をすれば、『説明力』と『説得力』が増し、新しいルールの定着化も効率的かつ効果的に展開できます。

LABプロファイル® の活用で、相手があなたの説明を容易に聞き入れてくれる!

言葉の科学LABプロファイル®では、脳はコンピュータのように見立てられており、数々のプログラムで動いているという前提から発展した知識体系です。

そのプログラムは、メタプログラムと名付けられており、約150種類のプログラムが発見されています。
それぞれのプログラムを観察してみると、14種類にまで分類できることが解りました。
そして、この分類が行われたことで、相手のモチベーションの高揚や維持に影響する『話し方・伝え方』が容易にできることがわかりました。

ルールに関するメタプログラムは4つ – それぞれの 説明方法

このプログラムを応用することで、相手があなたの説明を聞き入れるモチベーションを高め、効率的/効果的な理解を促すことができます。

①自分型
【特徴】自分には自分のやり方があり、他人もそれに従うと思っている。
【このタイプへの説明のしかた】あなたのやり方も効果があります。他の人はどうでしょう?
【ポイント】まずは、自分の考えや思いを受け入れながら、モチベーションを高めます。後に、他人の立場になって考えることを促します。

②無関心型
【特徴】 自分(相手)のやり方だけを意識し、新しいことや周囲のこと意識することができない。
【このタイプへの説明のしかた】あなたのやり方をさらによくするためには、新しいことや周囲に目を向けることが大切です。
【ポイント】 まずは、その人自身の考えや思いを受け入れながら、モチベーションを高めます。その後に、周囲の人の立場を意識させるよう促します。

③迎合型
【特徴】 自分のやり方にあいまいさがあるため、周囲が決めたルールに従う行動をとります。また周囲にも、そのルールに従うよう、広める行動をとります。
【このタイプへの説明のしかた】あなたも私と一緒に新しいルールを広めてください。
【ポイント】 ルールを守り、それを広げるよう促します。

④寛容型
【特徴】 自分のやり方はシッカリもっているが、周囲のやり方も認めている。
【このタイプへの説明のしかた】今までのやり方で面倒だったことが、やりやすくなりました。
【ポイント】 新しいルールのメリットを伝え、新しいルールを認めさせます。

もし、複数以上のメンバーに新しいルールを説明するときには、あらゆるパターンが存在していることを前提に説明をしてみましょう。

説明方法 の具体例

私たちの職場では、ルールに従って仕事を進めています。(→自分型のモチベーションを刺激する)
しかし、顧客のニーズの変化がさらに多様化していることにも気付かなければなりません。(→無関心型の意識に刺激する)
新しいルールはこれらを考慮して変更されましたので、ぜひ広めてください。(→迎合型を刺激する)
それでは、最初に新しいルールのメリットから説明します。(→寛容型を刺激する)

あなたもプログラム毎に違った伝え方をすれば、『説明力』と『説得力』が増し、ルールの定着化も効率的かつ効果的に展開できます。

人には、様々なタイプが存在し、ルールに対する『感じ方』『捉え方』にもタイプがあります。
このタイプがあるために、あなたが説明しても『伝わる人』と『伝わらない人』に分かれてしまいます。

まずは、4つのタイプがいることを意識しながら説明することから始めてみましょう。

毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)