• ホーム
  • コラム
  • 改善に強い人材 の育て方│『心理的安全性』を確保し改善に挑む
コラム

改善に強い人材 の育て方│『心理的安全性』を確保し改善に挑む

目次

先日、ある製造業の企業様へご訪問した時のこと。

今回は、改善志向を育てるおはなしをします。

現場のリーダー(おそらく30代後半)が、笑顔を浮かべながら大きな声で挨拶をしてくれました。
元気な挨拶は、私がその生産ラインにお邪魔したことを、快く受け入れてくれるという感覚を抱くので、ほんとうに嬉しいです。

そして、そのリーダーが取り組んでいる改善について、話をしてくれました。

ある物を固定するのに、複数の手順を繰り返しながら行っていたそうなのですが、これを「一発決め!」という改善で、たった一回の手順で固定をするという内容でした。

とても、素晴らしい改善で(詳しくは守秘義務のため詳しくは語れませんが・・・)、固定時間が30分の1にまで短縮したそうです。

リーダーは、自信満々でその内容を紹介してくれました。
そして、リーダーが発した言葉がとても印象に残りました。

その言葉とは「やってみてから考えろ!」です。

「 改善に強い人材 」は、こう育てよう

改善を進める場合、組織では2つのタイプに分かれます。

1つ目は
改善案が出てきたとき、その内容を詳細に評価し、成果が確実に出ることを確認してから実施許可を与える組織。(リスク回避型)

2つ目は
改善案がでると、それをまずやらせてみて、試行錯誤を繰り返させる組織。(目的志向型)

どちらが改善活動が活発になるかというと、ズバリ目的志向型の方になります。

問題回避型では何かアイデアを出したとしても、重箱の隅をつつくような評価や指摘がはじまり、アイデアを実現するというモチベーションが下がりきってしまうのです。

目的志向型では、失敗をしてもそれを経験とする雰囲気があり、『心理的安全性』も確保されるため、失敗を恐れず改善に挑めるのです。また、失敗をしても、それをフォローするリーダーの言葉で、へこたれないメンタル(レジリエンス)が育つのです。

「心理的安全性」の高い職場が、人材能力を伸ばす

確かに、「コストをかけて改善するのだから、失敗は許されない」とお考えの方もいるでしょう。
たしかに、時間と人件費をかけて改善を行うわけですがら、リスク回避する意識が高まることも解ります。
しかし、このリスク回避志向が、メンバーのモチベーションやレジリエンスを下げ、長期的には、損失となって返ってきます。

やらせてみて、考えさせる。
「心理的安全性」の高い職場が、人材能力を伸ばすのです。

行動すると思考が始まる。
思考が始まると、アイデアが生まれる。
アイデアを実現すると、経験になる。

「やってみてから考えろ。」です。
部下や後輩に「やってみてから考えようか。」と言ってみませんか?


コミュニケーション|知識経営研究所

多くの企業研修でも採用されている、特にリーダーや管理職に必要なスキルの一つです。コミュニケーションや説明・説得力向上のスキルアップに最適なプログラムをご提供します。

kmri.co.jp

og_img


毎週月曜日に「改善ファシリテーション」をテーマとしたコラムを更新、
火曜日にメールマガジンを配信しております。是非ご登録ください。(ご登録は無料です)

体験セミナーのお申し込みはこちらから

お気軽にお問い合わせください

坂田 和則さん画像
マネジメントコンサルティング2部 部長
坂田 和則

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。 特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。 新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2023年度現在、企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

お気軽に私たちにご相談ください

 03-6450-1877(受付時間 平日10:00~18:00)