改善

改善ファシリテーション研究所について


「改善ファシリテーション研究所」は知識経営研究所の改善支援事業(マネジメントコンサルティング2部)における名称であり

労働安全衛生、品質管理/保証、食品安全、改善革新、問題解決、コミュニケーション、プレゼンテーション、

組織開発/学習力における問題や課題の解決を支援する専門家集団です。

 

問題解決ロジックや、それに関わる人間性、リーダーシップ、育成など様々なジャンルを手がけておりますので、

お悩みの際はお声がけください。

改善関連サービスの詳細は、当社の姉妹サイト、https://kaizen-facilitation.kmri.co.jp をご覧ください。

改善コンテンツのご紹介


■労働安全 ~安全意識を高める~

保護具の着用や安全センサー設置等の労働安全対策は先進工場で行われている内容ですが、

労働災害ゼロはいまだに達成できていないのが現状です。

 

実は最新の脳科学・心理学の観点からみると、 これらの労働安全対策だけでは不十分なことが分かっています。

労働安全 には 人の意識や考え方にかかわる「 メタ認知 」を高めることが欠かせません。

 

労働安全~安全意識を高める~の詳しくはこちらから→

■新5S思考術

一般的な5S活動では職場をピカピカにお掃除する活動と捉えられがちですが、

「新5S思考術」では一般的な5S活動に人材育成の要素を組み込んでいるのが特徴です。

 

新5S思考術では、働く人々の問題検出力を高めます。

「問題」を発見するために重要なことは、何が問題かをまず知ることです。

すなわち、定義力・洞察力に大きく左右されます。

 

新5S思考術は、5S活動にコーチング心理学等を組み込み、高い問題意識と行動力を育みます。

 

新5S思考術の詳しくはこちらから→

■NLPビジネスコーチング

「改善ファシリテーション研究所」の各コンテンツは随所にNLP(神経言語プログラミング) を取り入れております。

そのため、研修が楽しく、面白く、学びや気づきに繋がり、行動を起こしやすいという特徴があります。

 

NLPとコーチングをビジネスや仕事に直ぐに応用できるプログラム「NLPビジネスコーチング」では

挨拶の大切さ、傾聴の大切さ、質問力の重要性等、リーダーに求められる能力の原理原則を知ることで、

どのようなシーンでもあなたがコーチングスキルを発揮することができるようになります。

 

1 on 1ミーティングや、リーダーにコーチングスキルを会得させたいとお考えの組織に最適です。

  

NLPビジネスコーチングの詳しくはこちらから→

■LABプロファイル®

 

NLPから派生・発展をしている知識体系がLABプロファイル®です。

 

言葉の科学LABプロファイル®では、脳をコンピュータと見立て、数々のプログラムで動いている

前提から発展した知識体系で、そのプログラムは、メタプログラムと名付けられており、

約150種類のプログラムが発見されています。

 

それぞれのプログラムを観察し分類を行うと、14種類に分類でき、

この分類が行われたことで、相手のモチベーションの高揚や維持に影響する

『話し方・伝え方』が容易にできることがわかりました。

 

例えば、問題解決のシーンや、品質管理、改善活動等、各組織の課題に沿ったプログラムを

構築することができます。

 

LABプロファイル®は、リーダーのコーチングスキルを高めるのに最適な内容です。

 

LABプロファイルⓇの詳しくはこちらから→

■企業向け研修プログラム

効果的かつ効率的な問題を解決できる、組織のつくりかた

私達のご提供する研修プログラムは、問題解決に強い組織を育成するために、

組織学習力の向上から行動力向上までの流れを総合的に組み上げたコンテンツで

問題解決ロジックや、それに挑むメンタルの育成に高い成果を導きます。

※貴社のご希望に合わせたセミナー・研修をご提供することも可能です。ぜひ一度、私たちにご相談下さい。

 

企業向け研修プログラムの詳しくはこちらから→