株式会社 知識経営研究所
会社概要
業務実績
地方自治体向けサービス
民間企業向けサービス
自治体エコステージ
お問い合せ・Q&A


情報セキュリティ基本方針

行政評価・人事評価制度構築支援

行政評価制度

導入の必要性

 昨今の景気の低迷や少子・高齢化の進展に伴い、自治体における財政状況が悪化する中、行政サービスに対する住民ニーズはますます多様化しており、健全な財政運営を図りつつ、住民ニーズに即したきめ細かな行政サービスを提供していくためは、限られた資源(ヒト・モノ・カネ)をより効率的に活用していく必要があります。

  そのため、現在、実施している施策・事業が地域課題の解決のためにどれだけの成果(アウトカム)を生み出すことができているのか、またそのコストや効率性はどうなのか等を検証・評価し、次なる行動のために改善に繋げていくためのマネジメントの仕組み(行政評価制度)を導入することが求められています。

導入のポイント

1. 目標管理の視点

 一般に行政評価制度は、執行後の事務事業を後追い評価する形態ですが、執行後の取組結果や成果を評価するだけでなく、予め事務事業の取組目標とその達成計画を定め、必要に応じて軌道修正しながら、その実現に向かって推進するという目標管理の視点も取入れた制度とすることが効果的です。

2. 事業の優先度

 事務事業評価は、個々の事務事業について必要性や効率性等の視点から改善・見直しを行うものですが、予算の制約等の理由で、どの事務事業を優先的に実施するのか、事務事業同士の優先順位をつけ、事務事業の選択と集中を図らなければならない段階になれば、事務事業の優先度評価を行う必要があります。

3. 既往の諸制度等との連携

 行政評価制度の効果的・効率的な運用を図るためには、これを単独で運用するのではなく、他の行政制度や行政計画との連携を図っていくことが必要です。

<行政評価制度のイメージ図>

弊社の支援メニュー

コンサルティング

  • 行政評価制度構築支援
  • 現状診断・改善提案
  • 行政評価制度改善支援
  • 各種研修
    • 一般基礎研修
    • 事務局担当者研修
    • 評価者研修  

人事管理制度

導入の必要性

 地方分権の推進や住民ニーズの高度化・多様化、財政事情の悪化など地方自治体を取り巻く環境が厳しくなる中で、効果的かつ効率的な行政運営が求められています。

 効果的かつ効率的な行政運営を行うためには、業務改革のためのツール(行政評価制度、ISO9001等)を導入するだけでなく、これらのツールを使って業務を行う職員の更なるスキルアップや仕事への動機付け、モチベーションの向上等を行う必要があります。

 このため、業務改革ツールとの連携も考慮しながら、既存の人事管理制度を再構築し、全体最適となるような体系的な人事管理の仕組みを確立する必要があります。

<体系的な人事管理制度の例の図>

弊社の個別支援メニュー

  • 人材育成戦略ビジョン策定(改訂)支援
  • 目標管理制度(MBO)導入支援
  • 人事評価システム導入支援
  • 人材育成研修実施支援
  • 定員最適化計画策定支援

弊社支援の特徴

全体最適の仕組みづくり

 全体最適の視点から、任用管理や人事評価、給与管理などの個々の制度を効果的に連携させ、体系的な人事マネジメントの仕組みを確立します。

変化に対応できる仕組みづくり

 導入後においても制度の運用状況を定期的にモニタリングし、実態に即した最適な制度へ軌道修正できる仕組みづくりを行います。

段階的な仕組みづくり

 人事管理制度の完成までのロードマップを描き、職員への浸透度に応じて段階的に導入を図っていきます。